DIRT TO GLORY?

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最終日

本日は僕にとっての今シーズン最終日。

パパッと仕事をやっつけ、珍しく中流域のN川へ。日没まで一時間しかない。

ポイントに到着するも先行者が既に立ちこんでいる。 

この雨の中あんたも好きダネー と思いながら と1キロ程上流へ移動。

県境の山間は雨が強いのか多少増水して濁りが強い・・・

この辺りにはサクラマスも遡上していると聞く。

最後にちょっと大きい山女魚でも・・・ ドラマを期待しながらダウンで流れ込み付近を探る。

5回流した辺りで、やっぱダメかな~ とルアーを岸に寄せたトコで ドン!バシャ!

岸際50センチの浅瀬でラインがちょっとしか出てない状態の突然のヒット。大慌て。

暴れまわってアチコチの石のスキマに潜るのでネットを取り出す余裕も無く、手掴みでキャッチw

出てくれたのはジャスト尺の岩魚。

d0162663_22401230.jpg


ちょっとスリムだけど。いい顔の尺岩魚に満足。

d0162663_22443638.jpg




欲を言えば・・・釣れ方が釣れ方だったのでファイトもナニも無かったのが惜しい。最後なんかつかみ取り。笑



渓流ルアー2年生の釣行もこうして終了。 最後の最後にありがとう!
[PR]
by redhouse66 | 2012-09-28 22:49 | 渓流 | Comments(2)

秋山女魚

夕方ちょっと時間が出来たので叩いたことの無いポイントへ。

とは言っても超メジャー河川。道路沿いは釣れる気がしないので上流へ。

良さげなポイント・・・な筈なんだけどやっぱり水量もない。走る魚影も無し。

ポイントも少なく釣れないもんだからどんどん山奥へ。

ルアーを投げていると数十メートル後方から何かが盛大に川に飛び込み横断する音と
藪をザーっと突っ切る音が。

久しぶりに全身鳥肌。汗 ・・・まぁクマか鹿かサルだろう・・・w

退渓点もわからないから川を歩いて戻ることになるから早めにあがらなきゃ、

と思いつつ、日陰のボサ下にミノーをキャストするとようやくHIT。

d0162663_2312739.jpg


20センチちょいだろうけど婚姻色の出た美人山女魚。とっても綺麗。

d0162663_2323393.jpg


その後、同じようなサイズのを一匹追加して川をザバザバ歩いて撤収。

2時間の釣行を殆ど歩いていた気がする。


シーズン終了間際。綺麗な秋山女魚と遊んでもらっただけでも、、、満足しないと。

先日買ったパックロッドの入魂完了。 

テレスコのわりにちょっと柔らかめでアワセを入れにくい気が。帰り道の手ブラは最高。
[PR]
by redhouse66 | 2012-09-25 23:05 | 渓流 | Comments(2)

シーズン終盤

ここ数日で異例の長くキビシイ残暑も収束した。

渓は渇水気味なので攻められず、しばらく大人しくしていたが
シーズン終盤なので夕まずめにちょこちょこ出かけているが2回連続ボーズ。

いつもは大きな流れ込みのあるポイントも浅いトロ場に。
数回キャストしてポイントを変えようと歩き始めたら足元の岩の下から
明らかに尺オーバーの岩魚がゆらゆら逃げていった。

特に警戒心の高い大物はますます喰い渋ってるか・・・はたまた腕の問題か。

d0162663_23402124.jpg



最後に岩魚の引きを味わってからシーズンオフしたいと切実に願いやす。

何せ水が少ない。今年は同じような思いをしている渓流マンが多そうだなぁ。




そんな中、シーズンも終わりなのに新兵器導入。
安竿だけど、コレで藪コギの多い所や源流付近、バイクでの釣行が楽になる♪

というか2ピースのロッド自体元々好きではないので使い勝手次第ではメインになるかも。
フィッシングベストのバックポケットに入る機動性は何事にも変えがたいと思う。

SHIMANO トラウトワン XT PACK 56TUL5(テレスコ) 廃盤品だけどデッド状態をゲット。

d0162663_23424596.jpg


d0162663_23481612.jpg


リールシートの部分が丸くなっており手のひらや指が当たる部分がフィットする様な面白い作り。

ガイドも好みの遊動式。国産なのでリペアパーツ手配も心配ないしきっとお気に入りになる筈。

パワーは無さそうだけど小物が多い僕の釣りには無問題かな。笑

国産の大手メーカー製パックロッド(テレスコ)は絶滅危惧種。何故?

アブガルシアから手頃なテレスコ(トラウティンマーキス ボロン)が出ているが、
トップカバーが簡素なスポンジで携行を無視したふざけた作りなので買う気を無くした。


入魂は来年になりゃしないだろうか・・・不安。
[PR]
by redhouse66 | 2012-09-22 23:51 | 渓流 | Comments(2)

XR650R デコンプ流用

XR650Rのパーツを流用してME08のクラッチ/デコンプレバーを同軸化。

パーツ手配がメンドーで後回しにしていたがようやっと着手。

純正のデコンプレバーは下向きに生えておりチョット握りにくい。

d0162663_232181.jpg


クラッチレバーより上向きにつけるのも以前試したけどジャマでイマイチ。

モデファイにあたり、CRF系のホットスターター/クラッチホルダーも使えそうだったが、
レバー類も当然CRFのヤツになってしまうのと、
今風のクラッチワイヤーアジャスターが付いているので今回はパス。

XR650R (2000年式 ME30)のパーツリストで部品をピックアップして発注。
欠品無く手配できヒトアンシン。

d0162663_23183124.jpg


d0162663_23202047.jpg


↑デコンプワイヤーのエンド径は約6.8mm、そのままではホルダーの穴に入らず7mmのドリルで拡大。
ちなみにデコンプワイヤーのタイコはそのままレバーの穴にジャスト。(ME08の場合)

d0162663_23243293.jpg


のんびりグリスアップしながら組んでも30分程度であっけなく終了w

d0162663_18342125.jpg


d0162663_18344442.jpg


コリャ何故もっと早くやらなかった?とゆー位にステキな出来栄え。見た目も高級感UP。笑 
クラッチを鷲掴みにしてもデコンプレバーに指が当たらない絶妙な配置。
親分の650Rのパーツ流用ってのもイイカンジ。

XRズキの定番モデファイかとは思うけど逆車XRには超オススメデス。

クラッチを握ったままでもデコンプレバーを人差し指でチョイチョイっと引けやす。


・使用パーツ&パーツナンバー


90501-KV6-670 ワッシャー

90112-MBN-670 ピポットボルト

53181-MBN-670 カラー/デコンプレッションレバー

53180-MBN-670 デコンプレッションレバー

53172-MBN-670 Lハンドルレバーブラケット

53174-KCE-670 ブラケットホルダー(ミラー取り付け部分無し)

53177-MK5-000 ダストブーツ


クラッチレバー(650と共通)、ボルトナット、ワイヤーアジャスターは従来のものを使用。

全部で¥6000ちょっと。 

※HONDAディーラー以外で注文するとボラれたり送料をとられたりするので注意w
[PR]
by redhouse66 | 2012-09-13 23:46 | XR250R(ME08) | Comments(2)