DIRT TO GLORY?

カテゴリ:渓流( 43 )

夢の大岩魚

開始当初より更新不精のテキトーblogでしたが、FBを始めた事により完全に放置でした。

このまま記事が消えてしまうのもナンダカ勿体無いので・・・

特に釣りブログという訳ではありませんが、個人的思い出フィッシュを載せてゆきます。

ここ数年は完全に釣り(ソルトウォーター含む)に没頭しており特にME08の話題はありません(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2014年、4月下旬

初サクラマスが獲れ、晴れ晴れした気持ちで雪代の渓流へ。

開始早々岩魚の反応が良い。

d0162663_1810081.jpg


ココのポイントの岩魚はベイトが豊富なのか太く、みな元気にドラグを出してくれる。

こんな尺上が2本釣れて・・・  もはや満足。



退渓点手前、倒木下のちょっとしたヨレが気になり、何の気なしにキャスト。

着水して程なく・・・「ギュッ」と硬いショートロッドが一気に絞られ、と同時に大きな魚が見えた!

バランスを崩した魚は雪代の急流に乗ってしまいあっという間にボクより下流の瀬の中に消えた。

「やばい!やばい!! コレは絶対やばい!!!」

もう焦りしかありません。 ロッドを立てて走り、急流の横を腰まで、

時には胸近くまで漬かりながら流される魚を追いかける!

川幅数メートルの小渓流、しかも雪代で流れも早く、今思えば相当危なかったな・・・

ヒットしたポイントから30メートル位下流に下った所にようやく流れの緩い所が。

幸い魚はまだラインの先に付いておりファイト開始! 浮いてくる魚は・・・ デカイ・・・

浮かせて寄せても小さ渓流ネットにうまく入りそうにありません。 

頭から~ とか考えてる余裕も無し。

何度もランディングに失敗して何度も走られ、ギュ~ とドラグを出しては潜られ・・・

何回目かにしてようやく無理やりネットイン。 ・・・ガクガク震えが止まりません。


d0162663_183695.jpg



d0162663_18381199.jpg


アレキサンドラ、横喰いです・・・

d0162663_1839130.jpg



d0162663_18391941.jpg


シングルフック、バーブレスが上顎と下顎に刺さった奇跡的なフッキング
だから急流の中でもバレすに済んだんでしょう


d0162663_22231873.jpg


岸際には雪代増水で倒れた枯れた葦だらけで撮影場所もまともに無い。
何より手足の震えも止まらず。  ようやくちょっとしたプールを作って撮影開始。


・・・もうすっかり興奮状態のボクはまともに写真も撮れません。


しかし良く獲れたなぁ~

d0162663_2159030.jpg


d0162663_22174870.jpg

今写真を見直すとホントにあまり良い写真が無いのが悔やまれます。

全長で52センチありました。 加えて体高も有る太い三ツ口雄岩魚。


思えば、大岩魚を釣りたいが為に始めた渓流ルアーフィッシング。

ひとつ夢の叶った最高の一日となりました。

d0162663_2218430.jpg



これを書いてる今現在、まだこれを超える岩魚には出会えてません。
40後半は出るのだけどやはり大台50岩魚・・・

「そんなの一杯居るよ~」という方も居られるかも知れませんが
あくまでボクの尺度での大岩魚の釣行記でした。
[PR]
by redhouse66 | 2016-10-11 21:59 | 渓流 | Comments(0)

桜鱒 digest

FBでのチョイ投稿がメインとなりすっかりブログを放置しておりましたが
極私的釣行メモとしてこれからも不定期で記してゆき鱒。
(あ、元々はOFFバイクのブログなのだけどまぁいいかw)



サクラマスで全国的に有名な追波川が海へと注ぐ宮城県。

幸いにして自宅より1時間程度で行けるのとレクチャーして下さる先輩達とお仲間になれたので
万年初心者の僕でも鱒ルアー男の端くれという事で今年よりチャレンジする事に。

下準備として、大してやることの無い雪降る夜はスプーンフックを巻き巻きして過ごすw

d0162663_0101199.jpg



寒風吹きすさぶ1月下旬に解禁となり、2月はじめ辺りからeitakuさんに
諸々教えて頂きながら主に旧北上川に通った。

黙々とキャストを続けひたすら粘るこの釣れない釣り、僕の最初の限界は2時間と判明したw

d0162663_0105296.jpg


追波川は当然釣り人もかなり多い。知り合いを見つけての河原での談笑はとても楽しいのだけど
あんまり器用じゃない僕は口ばかりで手が動かない。もう竿なんか藪の中に置いちゃう始末w

d0162663_0224273.jpg

チョーさんタカさんもじり中  毎度邪魔してすいませんw


良い時間帯には等間隔で釣り人が並び、磯ダモを携え長靴やジーンズで立ってる方も居る。
防波堤の様な釣り場にちょっと馴染めず、結局釣り人が少なく景観も割と良い旧北がメインとなった。

ほぼ毎週末通うも魚ッ気なし・・・他の方の釣果も殆ど聞かず、あっというまに4月に。
あわよくばビギナーズラックで3月初旬に獲れたりして・・・なんていうミラコーは起きることは無かったw

前置きが長くなったけど、結局「お祭り」と呼ばれる大潮の後の遡上ラッシュの4月13日
結局ちょっと苦手としていた追波川で初サクラマスを釣りあげる事ができた。

d0162663_0115791.jpg


「僕の下流は何故か釣れちゃい鱒」という某釣り先輩にお誘い頂き、前日の午前2時には河原に降り
凍えながら場所をとった。 おそらくもう一生やらないであろうクレージーな場所取り体験。
次回があるとしたら薪と焚火台、羽毛の寝袋等、キャンプ道具持参で行こうw

薄っすら明るくなった頃から重いスプーンを遠投キャスト開始。 下流を見渡せば等間隔で人、人、人。
オマケに投げて最後の10メートル、超早巻きしないと引っかかる。スプーン10個近く殉職(T T)

川面に日が差すころには早くもちょっと飽きてきた・・・w

気分転換に14gの湖用のスプーンジグに付け替え、
表層をトゥイッチを入れながら適当に引いていたら流芯を横切った辺りでドンッと何かが喰いあげた。

ブルンブルンと首を振ってる鱒の感覚が硬いロッドからも伝わる。
大きな魚に慣れてない僕でもそう大きくないのはわかったので案外冷静に寄せてゆく。
下流で振っていた方が「ジャカゴの段差があるからもう竿を立てて~」とアドバイスをくれた。
そのうちゴンゴングルグル暴れる銀色の影が寄ってきた。
「僕がランディングしちゃいますよ~」とさっきの方が大きなネットを構えたと思ったら
ササっとソッコーで掬って頂いてしまった。 あっけなく桜鱒とのファイトは終わった。笑
ランディングの緊張感は欲しかったけど、不慣れな僕に無事に掬えた保証はないので結果オーライw

そのお方にはブツ持ちの記念写真まで撮って頂いちゃいまして本当に感謝感謝!
お名前を聞くの忘れちゃいましたが、かなりの桜鱒エキスパートな方とお見受けしました。
 (この場を借りてお礼させて頂きます。ありがとうございました!)


d0162663_0123952.jpg


d0162663_0242835.jpg



ちょっと小ぶりだったけど人生初の桜鱒。サイズじゃない。(と自分に言い聞かせるw)

海からの使者はもう眩しい位ギラッギラ。日陰の無い開けた場所でまともに写真も撮れなかった。
ちょっと暴れるとどんどんウロコがはがれ落ちてしまう。フレッシュランの刹那の輝き。

今回はキープさせて頂き、とても美味しくいただいた。特に刺身が絶品だったよ♪ ありがとう♪

今年は桜鱒の遡上が少ないのか例年より「お祭り」も短く不調の様子。
そんな中でビギナーの僕に一本獲れたのだから素直に幸運と受け止める事とします♪
そして奮発して揃えた桜タックルも無駄にならずホッとしたw


同行して頂いた釣友さん、フィールドで絡んで頂いた先輩方々もありがとうございました♪
サイズアップとミノーでも獲りたいのであと2、3回は行くかもしれませんw
サクラ以外にもこれからも多方面でよろしくお願いします~♪


以下はちょっと蛇足かもしれませんが

大盛況の週末の追波川。 
格好いいトラウトマンのいでたちでも無言で横入りしてくるマナーの悪い輩。 
食って捨てたばかりであろうコンビニ弁当の容器。
挙句、人が引っ掛けたスプーンを人の釣りの邪魔してまで拾おうとするアタマオカシイおじさん
(○かごの主というキチガイらしい)とも遭遇してしまった・・・。

平和な渓流しか知らない僕には、実は釣れた嬉しさと同じくらいの
ナンダカな~という残念さと違和感が残っちゃったのも事実。
嫌なら行かなきゃいいだけの話だけど、知り合いを見つければガヤガヤ楽しい釣り場となるから
一人黙々と旧北で粘ってるとオッパに逃げてきたくもなりますねw

まぁ来年は、3月中頃からのんびりと・・・ 
なるべく少ない釣行で獲れるべく気負わず桜を狙いたいです。
出来ればやっぱり旧北で静かに釣りたい。笑


tackle 

ROD / sylpher SYKS-89H Big Bend

REEL / TWIN POWER C3000HG

HIT LURE / ssylabel provia 14g

LINE / PE1.2&READER16lb
[PR]
by redhouse66 | 2014-04-30 10:21 | 渓流 | Comments(0)

鱒納め

例年なら渓流解禁後は鱒達と遊ぶことは無かったけれど
今年は特別解禁のC&R区間やランドロックでも楽しむ事が出来た。諦め悪いとも言うらしいw

来春にはある意味修行と言われるサクラにも挑戦しようと虎視眈々と支度中。


どれもこれもお知り合いになれた釣り仲間さん達のお陰。 本当に感謝です♪




d0162663_22144079.jpg


d0162663_2215858.jpg

荒雄川C&R タケボーさんと再訪。 さすが持ち方も上手だな~笑 
SAMURAIネットリリーサーありがとうございます♪

d0162663_22172434.jpg


d0162663_22212326.jpg

厳つい雄は出せなかったけどロッドがグンニャリのママレインボー達に満足。






d0162663_22215589.jpg

やっぱり雄を出したくて荒雄最終日ソロで。雪降る中、工事の濁りでほぼ釣りにならず。粘って1匹。






d0162663_22252263.jpg

某ランドロックへ遠征(リーガル) G9クラフトさん助手(笑)のエナさんと山形の山下君と。
エナさんガイドありがとうございました。キャラにも惚れましたw

d0162663_22295098.jpg

ボクは外道一匹で終了。外道ですが今年最後の魚なので失礼してパチリ。即リリース。





来シーズンもどうぞよろしくお願い致し鱒♪  もう最近遊びは釣りしかしてない様な・・・w
[PR]
by redhouse66 | 2013-12-09 22:19 | 渓流 | Comments(4)

荒雄川C&R

渓流も終わってグッスリ眠れる土日を過ごすも抜け殻の様。

そこで県内で唯一残された遊び場、特別解禁の荒雄川にeitakuさん、タケボーさんと遊びに行ってきた。

釣り券を買い、マップを見ながらC&R区間へ。

当日はアングラーズミーティングの影響もあってか入渓ポイントには全て車がビッチリ刺さってる。

渓流オフシーズンはいつもこんな混み具合なんだろうか。恐



d0162663_2341895.jpg


区間の終点のやや手前にようやく駐車できるスペースがあり渓に滑り込む。



・・・・・・・。


人が探ってるトコを平気でバシャバシャ歩いてく茶髪DQN風のオッサン、
声もかけないで真横を追い越してくフライマンの爺ィ等、  
少々エリアに近い釣り場とはいえ、渓流マナーを知らないアングラーに遭遇し、すっかり意気消沈。

バシャバシャ荒らされたトコロに普段あまり使わないスピナー付きのミノーを放り込む。

ダダ巻きしてると ズムッ おや? 何か喰った。笑

d0162663_23413592.jpg

珍しいミノーで興味を引いたのかな。交通事故的な釣れ方。ネットイン下手なのでファイトは楽しめた♪

d0162663_23435721.jpg

45レインボー  普段の渓流でこんな太い魚が釣れることなんてない

荒雄は50後半も良く出るらしいのでこれでも中型になるんだろう。

ネィティブのレインボーだったらもっと強烈ファイトだったはず。もうちょっと良い面構えのが釣りたい。


その後、eitakuさんも同じポイントで良型のレインボーキャッチ、
タケボーさんは岩魚、ヤマメのみでレインボーは又次回のお楽しみに♪

通常人と会わない渓流マンにとってはナカナカの異空間。 せっかくなのであと2回位は行ってみます?w 

なんやかんやでガヤガヤ楽しい1日でした。


帰り道はどしゃぶりでアングラーズミーティングは寄れなかった。また来年かな。
[PR]
by redhouse66 | 2013-10-17 23:51 | 渓流 | Comments(2)

2013 シーズン閉幕

閉幕間際の週末。 久々にeitakuさんとご一緒2DAYS。 

本流、源流域を叩くもナカナカのシブさ。

ラストだからと目を三角に・・・するわけでもなく、終始笑いながら気楽に釣り上がる。
そんな中でもeitakuさんは綺麗な秋山女魚を引っ張り出し、源流域の岩魚ゲットで本シーズン納竿。

d0162663_22115953.jpg


d0162663_22121319.jpg



渓で知り合ったeitakuさんに遊んでもらえるようになり、本当に釣りの幅が広がった。

こんな上手い人が居るのか・・・ と当初はびっくり。

正確なキャスティング、丁寧なサーチ、狙って喰わせる釣り方に目からウロコ。

ノウハウを教えて下さったり、ホームリバーの開拓や樺太鱒遠征等、おかげさまで充実したシーズンとなりました。

この場を借りてあらためてお礼させて頂きます♪  そして、塩方面も是非教えてやって下さい^^








最後のソロ釣行にて。

d0162663_22353956.jpg

HIT LURE / Dr.MINNOW 70FS. YAMAME

d0162663_2236387.jpg

ちょっと細かったけど36

最後の週末に散々叩かれたであろう堰堤にて。

シングルフックの前後が絡んじゃったミノーにチェイス&バイト、2投目はチェイスのみ
少し場を休ませ、またルアーを替えて3投目にHIT。

源流岩魚のような美しい金色、ボテッとした唇に三つ口 ユーモラスで元気な尺岩魚だった。


喰わせてヤッタリ感と深いプールでのファイトに満足。








山女魚ゾーンのポイントへ移動。


1投目からチェイス。喰わせきれず足元まで来てもまだグルグル。喰う気マンマン。

バッチリ見えた尺ヤマメに心臓ドキドキ。ルアーを結び替え同じコースで2投目。

またチェイスありだが直ぐにルアーを見切り反転。

場を休めませ・・・と思ったけどその間に冷静になられても困るのでw 立ち位置とルアーを替えて3投目。 

ガツン! してヤッタリ感MAX(笑)
 
物凄く暴れたがそう大きくないのはわかってたので焦らない様にランディング。 

d0162663_2311738.jpg


d0162663_1565818.jpg

HIT LURE / WISE MINNOW 50FS. WAKAAYU

d0162663_2393615.jpg


d0162663_0174333.jpg


32.5の雄ヤマメ。 ブナ、錆の入り方、鼻の曲がり具合は僕的にはパーフェクト。


モンスターは獲れなかったけど、最後に素晴らしい秋山女魚に出会えた。色んな偶然に感謝。

このカッコイイ山女魚を思い出しながら来シーズンに思いを馳せよう。



(最後の最後、欲張って釣り下り、ウグイで〆てしまったアタリが僕らしい・・・w)



渓流ルアー3年生もこうして終了。 あっとゆーまだったけど良いシーズンだった。



来期も良い渓魚と出会えますように。
[PR]
by redhouse66 | 2013-09-30 23:26 | 渓流 | Comments(5)

嵐の前の夕駆け。


チェイス、バラシのみで獲った事の無いポイントへ。 居るのはわかっている。

水深の有るプールをルアーローテーションしながら多角的に、レンジも変えながら誘う。

なんて書くとカッコイイけど単なる拙い探り。活性が上がればラッキー。

買ったばかりの大場所用Dコン63を投入。・・・ディープにコンタクトしすぎて帰ってこない。涙

日も暮れてきたしルアーロストで一気にヤル気無くなった。


せっかくのチャンスの場、もうひと頑張り。


クロスでタダ巻き&トゥイッチを繰り返してたらガツン。喰った!

対岸付近でHIT、足場が無く下れないので取り込むには太い流芯を横切らなければならならない。
すぐ下流の瀬落ちまで走られたらおそらくアウト。

ドラグを数ノッチきつく締めバレ無いのを祈りながらゴリ巻き。

流芯を突っ切ってから何度か走られるも足元まで寄ってきた。尺上とおぼしき魚体を確認
背中のネットに手を・・・  げ、ネット車に忘れてきた。

浅いトコロまでやんわりと誘導して落ちていた枯れ枝にラインごと絡ませて係留w
慌てて車までネットを取りに走る。 暴れながらも待っててくれた様で気を取り直してネットインw



d0162663_1473615.jpg

ささやかながら「婚姻色が美しい尺上を獲る」という今期の目標は達成。会いたかった魚が出てくれた。




d0162663_14102057.jpg

落ちた鼻、ピンク色の婚姻色、ブナ模様。なんとも美しい色の精悍な尺山女魚。


惜しいのはすっかり日が暮れてしまい薄暗く、満足に写真を撮れなかったこと・・・残念。




d0162663_14125174.jpg

HIT LURE / WISE MINNOW 50FS WAKAAYU


32、モンスターではないけど間違いなく僕の中では忘れられない素晴らしい山女魚になった。


写真を撮るのをあきらめ別れを惜しんで見とれていたら川原は真っ暗に。

d0162663_1316516.jpg






これが最終日であれば大満足だったかもしれない。 んが、残念ながら残り半月も有るw



大雨後の大移動に更なる出会いが? 
[PR]
by redhouse66 | 2013-09-15 14:20 | 渓流 | Comments(2)

嵐の前の朝駆け

週末は荒れ模様。

今回の大雨で良くも悪くも魚の着き場が入れ替わるのは間違いないだろう。


今のうちに、今の所に居るヤツラを狙い朝駆け。笑


ホームの渓はこの期に及んで渇水&クリアウォーター。かなりポイントが絞られてしまう。




いつもルアーを見切られてしまうシャローなポイントへ。


にわか雨が水面を荒らして良い感じに。一投目でHIT。コレはちょっと狙ってみたw


d0162663_12432570.jpg

HIT LURE / アレキサンドラ50HW. YAMATO IWANA


d0162663_12442078.jpg

ちょっと細かったけど31。





下見だけで竿を出したことのないポイントへ。渇水で平坦な流れ。


曲がり角で流れが早くなってる部分にダウンでキャスト。ゆっくり巻き始めると同時にバイト!

慌ててウェーディングするも思いのほか深く下れない。なかなかのファイトでジャンプジャンプ!

この時点でウグイではなくなったので緊張感更にアップw 潜ったりボサ下に逃げようとしたり。
こんなに長い時間のファイトはじめてかも。

綱引きの後、ヤマメもようやく観念したのか上流に向かって寄ってきた。


d0162663_1322412.jpg

                  

無事ネットイン。獲ったど感がかなりあった一匹w そんなに甘くはないぜよの29.5。 


こんなのダウンでかけたらそりゃ引く。ずんぐり砲弾ボディーの太っとい山女魚。


d0162663_13251732.jpg

HIT LURE / 蝦夷50S 1st


ダウンで山女魚をかけたのは初めて。

いつもはちょっと硬めに感じていたロッドが頼もしく感じた^^  
[PR]
by redhouse66 | 2013-09-15 13:25 | 渓流 | Comments(0)

spurt!

気がつけば9月も半ば。

婚姻色が出た厳つく美しい尺山女魚をもとめてスキマ釣行。



d0162663_20322186.jpg

HIT LURE / D-CONTACT63. TS LASER

山女魚とウグイゾーンの温い堰堤から出た迷子岩魚。久々の尺上33 山で会いたかったーw

d0162663_2116741.jpg

斑点大きめ。もしかして遡上アメマス?








d0162663_20334526.jpg

つい先日ライズを見ちゃった小淵。流れ込みをねちっこく叩いたら突然突き上げて喰った! 尺山女魚32



d0162663_22424239.jpg

HIT LURE / アレキサンドラ50HW. YAMATO IWANA

今期最後の尺山女魚になるかもと、石をどかしたり撮影準備中、大ジャンプで逃走
ほんのりピンクの婚姻色をまとって鼻も少し落ちてるけどもうちょっと迫力が欲しい




d0162663_20381937.jpg

その後、釣り下ったポイントのガンガン瀬の中層を狙いしつこく流して2匹目の山女魚をかける
腰上までウェーディングで足場も悪くモタモタしてたらネットイン直前に足元にて無念のフックオフ
優しさのシングルフック/ハーブレスがアダに・・・ 魚体は尺上確実パーマーク。見なかったことにしよ・・・







d0162663_22452664.jpg

悔しいのでもっと山へ。週末散々叩かれただろう藪沢ポイントがなぜか好調 
最大25程度のパーマークくっきり山女魚や岩魚を10匹以上。 ココのはまだうっすら婚姻色






d0162663_2051999.jpg

標高も上げもっともっと山へ。 真新しい踏跡。先行者が帰った直後のようで走る魚影すら無し

ボーズを逃れようと藪と倒木だらけの薄暗い支流へ、というか小川へ。夕刻なので獣の気配強し。







d0162663_21463045.jpg

川幅1.5m、水深20センチ位の瀬、底を引きずるようにミノーを引くと一瞬で食いついた。
良型のイワナ! と黒っぽい魚体を薄暗い木陰でネットイン。まさかの山女魚。

理想に限りなく近いガングロ気味な泣泣尺28.5 その野生的で精悍な姿に感動。いつもの可憐さは無い


d0162663_20584153.jpg


d0162663_2059424.jpg


d0162663_20592178.jpg




d0162663_2103523.jpg

HIT LURE / アレキサンドラ50HW. YAMATO IWANA

この風体でもう少しサイズが大きければ「今期はもうアガリ」でも良かったかもしれない。笑




悔いの無いように。もうちょっと鱒に振り回されよう。
[PR]
by redhouse66 | 2013-09-11 21:33 | 渓流 | Comments(0)

初秋の渓

登山口近くの車止めに4時半着。

気合の空回りでちょっと早く着き過ぎちゃった。フック交換したりのんびり着替えながら日の出を待つ。

d0162663_14533533.jpg



雨上がりの渓はちょうど濁りの引き際なのかスコブル好反応。開始早々岩魚連続キャッチ♪ (チビ)

食い気がありすぎて足元までチェイスしてくる。



d0162663_14555689.jpg

僕のへたくそな「8の字」を最後まで追っかけてロッドのディップに触って帰ってったヤツもいた。笑 
久々の岩魚。このまっ黒い感じがイイ。



d0162663_14561748.jpg

今日の遊び場は結構な上流域だけど混生地帯。ネイティブの血が濃いきれいな個体ばかり。



d0162663_15101296.jpg

婚姻色に衣替えした山女魚も流れから飛び出す。追わせる距離が短かく突然ギラッと出るのがスリリング♪



d0162663_1503369.jpg

↑水中撮影してみた。水の中だとなんかリラックスした表情に見えるから不思議。


d0162663_1533536.jpg

HIT LURE / 蝦夷50S TYPE-Ⅱ
本日のベスト♪ 28位かな。 ココの山女魚は銀化のかけらもない美しい「沢のヤマメ」



d0162663_1543534.jpg

朱色が美しく見入っていたら即脱走。


良型山女魚のキスバイトやバラシも頻発・・・ ガングロで悪い顔した尺上も潜んでるんだろうな。

テクニカルな源流域。 今日もテクニック不足を痛感でしたw



久しぶりの数釣りに満足。岩魚も元気だったし。歩いた歩いた。

d0162663_1593992.jpg


渓流は渓流でも山釣りはやっぱりいいな。
[PR]
by redhouse66 | 2013-09-08 15:09 | 渓流 | Comments(0)

秋山女魚

今年は山女魚の渓での釣りばかり。

今まで上流域での釣行ばかりで岩魚男だったけど
今期はトルクの有る引きを楽しませてくれる山女魚にハマッてしまった。





最近の釣果


d0162663_2129290.jpg

うっすら赤みをおびた32

d0162663_200423.jpg

HIT LURE / Dr.MINNOW 70FS. YAMAME

d0162663_2119542.jpg


d0162663_2015818.jpg

HIT LURE / S.C.Shad 4SP. SABI YAMAME
瀬でかけて撮影前にオートリリースな一応自己新な33

d0162663_2045316.jpg

HIT LURE / S.C.Shad 4SP. IWANA
細身の泣尺


d0162663_2075888.jpg


d0162663_2084829.jpg


d0162663_2092124.jpg


d0162663_20111731.jpg


d0162663_21223133.jpg


早くも渓流ラストスパートの9月。

この一ヶ月で山女魚達がどんな秋色を魅せてくれるか楽しみ。

d0162663_20114276.jpg

[PR]
by redhouse66 | 2013-09-02 20:11 | 渓流 | Comments(2)