DIRT TO GLORY?

カテゴリ:イベント/レース( 6 )

ツールドカムロ ミーティング 2013

今年は震災復興の絡みで開催準備に動けるスタッフさんが足りず、ツールド カムロはお休み。

その代わり「ツールドカムロ ミーティング 2013」が開催された。


実は今回は仕事の関係もあり参加を見送る予定だったが、エントリー締め切り前日に

「カムロミーティング来ます? ってか行きましょう!」

以前ご一緒頂いたA場さんからご連絡を頂きなんだか嬉しくなり急遽仕事を無理矢理サボって行くことにした。笑

今回はソロ。 当日の早朝にトランポを飛ばして金山入り。

d0162663_2123055.jpg


到着後、程なくA場さんとも合流。まわりは見たコトある人ばっかり。笑 いつもの皆さんと再会できて安心安心。

今回のカムロミーティング、内容はトレイルツーリングとメインは酒ですw

ツーリングはA、B、Cクラスで分かれて走行。 
Aはイケイケ、Bはノーマル、Cはツーリング 多分そんな感じ。

皆さんと濃く遊びたいのでAクラスになったけど一番の大所帯クラスだった。変態度高しを物語る♪笑


以下、写真もあまり撮って無いので簡単にダイジェストw


d0162663_21395390.jpg


眺望良好のポイントも霧の中。 引率のアベさんもルート選びにさぞ苦心されたことでしょう。

連日の大雨で周辺のお山は大変なことになっているみたいで主に爽やか林道を走り繋ぐ。

当然カムロ名物の川渡りも今回は増水によりナシ。(逆に安心したけれどw)


 というか、本シーズン、バイクに乗ったの2回目。
オマケに太っちゃって全然乗れてない・・・ しかも前日の山歩きで足が筋肉痛で立ってられない。
「BBQ BBQ!」 と自分に言い聞かせながら淡々と走ったw



d0162663_21525228.jpg

膝辺りまで田んぼの様になってた土砂崩れ直後ゾーンは大所帯のウチのチームは通過を断念。



初日はソコソコのペースで林道や作業道を走り繋ぎ終了。

川で洗濯と温泉を経て夜はBBQの宴♪ 

残念ながら終盤から雨が強くなってしまい2次会無しの早めの解散となった。

皆さんをやっつけようとバーボン持ってきたのに残念w ちょっと宴会消化不良を感じつつも車中で即爆睡。



二日目

宴会後に勢いを増した雨は朝方まで降り続いた。

朝食後はマッタリ時間長めの後、川原のミニコースの試走へ。
5週は走って下さい との指令も、たったの2週で息と腕が上がり潔くギブw 

その後、カムロスキー場裏の待望のトレイルへ。 連日の雨で赤土のトコロはかなりのスリッピー。

ハマルのも押すのも嫌いだけど・・・やっぱり気分が盛り上がるのは難所ゾーンなんだよねw

d0162663_2173722.jpg


ちょっとしたツルツル登りで早速渋滞発生♪


d0162663_2193982.jpg

いつもは下る「もののけの森」付近の沢。 今回は登り。 テクニカルです。

d0162663_21114438.jpg


d0162663_21135998.jpg

山遊び最高! (実はこのあたりでようやっと盛り上がってきたw)

途中いやらしい2段倒木やツルツルヒルクライムがあるも今回は何処もほぼハマリ無しで楽しみながらクリア。
体重upによるリヤ加重が効果有ったかもしれない。涙

d0162663_21202259.jpg

K井さん TE250さん  みんな頭から湯気出てます♪

d0162663_21282910.jpg

K井さん奥様♪

d0162663_21291652.jpg

直前にお誘い頂いたA場さん 2人で喋ってばっかりの二日間でしたねw 今度こそ宮城の山で遊びましょう。

d0162663_21314551.jpg

激下りから皆無事に降りてくるか? と不安げに待ってるの図





そんなこんなで。 カムロのお山を程よく満喫したところで、2日間の大人の夏休みは終了~

もうちょっと天候が良ければもっとアチコチに・・・ 
と思うトコロも正直ありますがソレは又次回のお楽しみとゆーことでOK^^


仕事も関係して直前まで迷っての参加だったけど、やっぱり今回も遊びに行って良かった♪


スタッフの皆様、遊んで頂いた皆様、今年も楽しい時間をありがとうございました。 

また来年も遊びに行きますね~♪




※画像などに問題ありましたらお手数ですがご一報ください^^
[PR]
by redhouse66 | 2013-07-17 21:50 | イベント/レース | Comments(8)

FRP7 フリーライドパーティ in SUGO

8月13日
以前より気になっていたフリーライドマガジン主催のFRP7 / FREERIDE PARTY 7 in SUGOに初参加。

SUGOはスクールでちょっとMXコースを走った事のある程度。
いい年こいてEDレースにも興味が沸いてキテるのでSUGOのコースを走ってみたいのと
ちょっと難しいであろうSUGOのトレイルを走りたかったのでエントリー。

FRPは、クラス毎に少人数のグループに分れ、全日本ED選手権のA級ライダーが先導、
後方にもサポートライダーが付いてくれ、SUGOのEDコースをみんなで大汗掻いて走ろう!という企画。
著名な皆さんも自費参加のボランティア。(感謝です!)

ABCDのクラス分けで「C」を選択。現地到着してみるとKTMやフサベルのレーサーがズラリ。
午後からは自走でトレール車もチョイチョイ来てたかな。

旧いXRレーサーでちょっと浮き気味だったり単独参加なので些か落ち着かない。
イソイソと着替えや準備をしていると同じく単独で参加されているトランポお隣のKTMの方にお声を掛けていただいたり、いつもブログで拝見しているチューンドXRでJNCCに毎回参加されているI塚さんと同じグループになって談笑できたりしてリラックスして走行開始。
d0162663_13363810.jpg

↑I塚さんXR270改 A-LOOP外装もカッコいい! blog
d0162663_13425633.jpg

↑僕のXRのタンクグラフィックが梱包テープで貼られてるのをハッケンしたI塚さんw
d0162663_1313234.jpg

げ。後ろにはアノ三橋淳さんが!(すぐどっか行っちゃったけどw)

安全の為、弱気キャラに徹し「サワヤカ林道系希望です!」と冗談交じりに先導してくれるEDライダー(大田幸仁さん)にリクエストw、全く聞き入れられた様子は無く、一発目から大きな石がゴロゴロした崩れた階段跡ガレ登り(笑
すんなり抜けつつもココで十分過ぎるほどウォーミングアップ。

お次は岩盤底の沢(白タイヤ沢)を下ったり登ったり、歩いて降りてもキツイだろう激坂を下ったり非常にサワヤカ(笑
d0162663_1314111.jpg

d0162663_13144470.jpg

コースのレベル的には(競技を意識した走りじゃなければ)楽しんで走れるのだけど、
暑さにより体力が全くついてこない。
暑い!→すぐ息が上がる→べた座り→ステンディングせずバタ足→余計疲れる の悪循環。
相変わらず入りたくない轍には吸い込まれるw

その後もウッズに出たり入ったりを繰り返し、すり鉢を抜けて午前中終了。
d0162663_131519100.jpg

晴れでコースコンディションが良かったのでハマリや転倒は無かったけどかなりバテつつお昼休憩。
もし雨天で「押し」が多発していたらおそらく死んでいたかもしれないw

食欲も無く名物ビッグバーガーも半分残し、ダラダラ休んで午後の部へ

午前中でヤラれちゃった人はココで申告すればクラスを下げる事も可能。柔軟で良いですね。
おそらくA、BクラスでバテてCクラスに下ってきた人が出た影響か、
Cクラスの人数が増え午前中一緒に走ったグループの数名と別れてしまった。
やりとりがとっても面白いお二人さん(KENさん&トモヤァ~ンさん)も居ていい雰囲気だったのでちょっと残念。
それでもXR繋がりのI塚さんとは一緒になれたのでちょっと安心w


午後の部も淡々とウッズへの出入りを繰り返す。麻痺してきたのかコースは特にハードに感じない。
前走車が轍や倒木でハマる度にプチ渋滞が繰り返されると風が当たらずとにかく暑い! 徐々に体力消耗。
1時間程走ったところでまたバテ気味に・汗  その後なんでもない所でボテゴケx2。

午前と同じ様で違うウッズを繰り返し、ピットに戻ってようやく長めの休憩。
「もう殆ど終わりだね~!」とI塚さんとまったりバテてると、休憩時間を過ぎてしまい、
引率のライダー(ハラジュンさん)が迎えに来てくれました。(笑&スイマセンw

その後、MXコースに連行され大坂を含め2週。
フープス、ジャンプは当然総ナメで走行するも、全開で登って行くやっぱり「大阪」は面白かった。
登りきった頂上は案外尖がっておりジャーンプ!(ま、おそらく20センチ位w

MXコースを抜けたら再び白タイヤ沢付近の岩盤沢~ 再び「すり鉢」~ とゆー満喫させられブリ。
d0162663_13155966.jpg

最後は殆どの方がお腹一杯になられ、満腹過ぎてリバースしそうな方(僕の様に)も多かったんじゃないかな?w

プロライダーによるヒル&崖クライムのデモンストレーションを観戦してイベント終了。


終わってみて、一発目の感想は「クソ暑かった」w ぶっ倒れなくてホント良かった。

もうちょっと涼しかったらもっと楽しめたのになぁ~ という方が正直殆どだと思う。

次回は一週間位前からランニングしたりして体調を整えてから参加しよう。
ホント、自分の体力の無さを痛感した。暑いのはみんな一緒なんだからね。

とゆー訳で、ハードながらもトレイルライディングを満喫できたとても楽しい一日だった。

d0162663_1317544.jpg


普段林道メインで走っている僕には良い刺激になりマンゾク。是非また走りたい^^

主催のFRM、引率やサポート頂いたライダーさん、絡んで頂いた皆さん、有難うございました☆

d0162663_23234815.jpg


追記
FRMのHPを見てみると、SUGOでのFRPは今年で最後との事。
地元でのイベントなので毎年夏の楽しみが増えるな~と思ってたのに非常に残念!


※集合写真、frmのhpよりお借りしました!
[PR]
by redhouse66 | 2012-08-16 13:18 | イベント/レース | Comments(10)

ツールドカムロ 2012 まとめ

そんなわけで。

せっかく用意してもらったコースを全て走れずとてもとても残念。。

初日の舗装路での転倒、2日目は後半「アボン」と、ちょっとツイてなかったデスw


今回のツールドカムロは出走台数が少なめだったのも関係あるのか
スタートお立ち台が省かれたり、スキー場の斜面を使ったコースが無かったりと
ちょっとイベントの規模がこじんまりと縮小された様に感じた。

(前回は夏祭りと重なり、花火やバンド演奏もあったりしたので余計にそう感じるのかも)

悪天候のせいで道端で声援をおくってくれる町民の方々の姿が殆ど見られなかったのも地味に寂しいw
そういえばミニモトクロスコースやシーソーも無かったなぁ。

でもでも。振り返ってみればやっぱカムロは楽しかった^^

前回ご一緒させていただいた方と再会できたり、お隣の方と一緒に宴会、

ゆるさ加減w、気さくなスタッフ、優しい金山の方々、我慢できず林道飛ばして行くマーシャルw

1日目最後の川渡りは深くてスリル満点。普通あんな深い川バイクで渡りませんw

数年連続で参加すれば全員知り合いになるのでは?とも思う。
でもそれではいけないw どんどん新しい人にも来てもらってもっと活気付いてほしい。

地元の若い有志、ボランティアの方々の努力で成り立っているイベントなので、
あまり大規模になるとパンクしてしまうだろうから「程よい位」に、なのかな。

初心者の方や、ビッグオフの方ももっと増えると盛り上がると思います。

川渡りダケ、上手い人やマーシャルさんも水没ヤラカス位ちょっと鬼門ですが、
傍目を気にせず、一発押して渡れば大丈夫ですw


何かの拍子にこのブログを見て頂いた方・・・是非カムロでご一緒しましょう^^


d0162663_1265346.jpg


また来年も遊びに行きます。

ご一緒させていただいた方々、スタッフの皆様、今年も楽しい2日間を有難うございました^^
[PR]
by redhouse66 | 2012-07-31 00:44 | イベント/レース | Comments(6)

ツールドカムロ 2012 DAY2

うっすら朝霧に包まれたグリーンバレー神室。昨晩のナイトパーティは幸い晴れ。夜更け頃に再び強い雨。
6時頃にコース確認に出発するマーシャルのバイクの音で起床。

DAY2の本日、うちのチームは・・・

大ちゃん = 昨日のオビタダシイ転倒により手首を捻挫・・・ リタイヤ

元キャメンライダー = 同じく昨日の転倒(自己カウント11回)、右足不調とヤル気ZEROの為、リタイヤ

・・・何も言うまいw

来年からは一人エントリーが濃厚?w


干しても乾く訳の無いぐちょぐちょのブーツは最後に着用し、二日目スタート。
霧も晴れ、次第にムシムシと暑くなってきた。

d0162663_2573390.jpg


キゴコロ橋の袂でゼッケン番号と出走者の名前、決して必要ではない司会者悪ノリ気味な
アドリブのライダー紹介とともにスタート。(笑デスョw

ちなみに僕は「オトコの250Rぅ~」と紹介してもらいちょっと嬉しかったっスw

その他、「娯楽の少ない静岡からわざわざやって来てくれました○△さん」とかもw


5台ずつSSスタート。3ラップでタイム計測有り。川原ガレコース(ここ大好き)

d0162663_2584099.jpg


プチレースしても良い雰囲気だったので調子こいて5台中1番手で飛び出した。
すぐ前を走る女性ライダーの脇を「ん?ズバっと抜かしていいもんか?」と一瞬悩んだ。
すると速攻数台が端っこから勢い良く抜いていくw しまった!プチレースだったw

そーこーしてるうちに最初の川渡り。渡りきった所が狭く、石ゴロゴロでちょっと混雑。
深さは20~30センチ、川底はコンクリなので勢い良くザバー。混雑ゾーン横の藪の隙間に突っ込む!

藪の中に想定外のデカイ石、乗り越えられず、勢い良く早速転倒w 下手なのに助平心出すもんじゃないっすw

そしてココに来て初めて体験。 XRレーサー特有の・・・ ヒート時にコケたらEG掛からない症候群・・・

川の出口を曲がった辺りにバイクを非難、泥混じりのガレ場なのでこれ以上前にも押せず
かといってキック連発もしにくい不安定な足場・・・川だもん当たり前w

d0162663_2592597.jpg


結果として走行ラインを塞ぐ格好になってしまった・・・(皆さんご迷惑おかけしました)

転倒によるオーバーフローでかなり濃い状態になっておりキックしてもウンともスンとも言わない。
泥シブキをあげて走る皆さんに頭を下げながら薮中からXRを支える。
隙をみて泥しぶきを浴びながらキックするもやはりダメ。もはやグロッキーですw
マーシャルさんに事情を話し、藪の隙間に入り、メット脱いで汗拭いて・・・とうとうタバコを吸いましたw

皆さんが3週して走り去り静かになった川原SS・・・ そろそろかな、とキック。
「ばるるーん どっどっどっ」 何事も無かったかの様にEG始動w
やっぱホットスターター装備して来るべきだった。大失敗。迷ったんだよな~

心強い事に後ろにもEGの掛からなくなったキック祭りXR400Rがw 同じ98カラーw
XR400Rの方とマーシャルさんに声を掛け、SS1をダッシュで抜けて、SS2へ。また一人旅。涙
川原を利用したガレ混じりのシングルトラックに入る。既に疲れているのかすぐ息があがる。
コケない程度に飛ばし最後の川渡りポイントに到着。

マーシャルさんに「渡りきる前の右側に何個か大きな石があるからソコだけ気をつけて」
と簡単なアドバイスをもらった。前回も渡った所でナンデモない程度の川渡りゾーンだが、
夜~朝方の雨で増水、濁りでラインが見えない。
冷静に考えれば、こんな時はバタ足補助付きでクリアする方が無難なのに、勢い良くスタンディングで突っ込む。

・・・やっちまった。 右側の何個かある大きな石の左側のヤーツに乗り上げフロントを取られてあっとゆーまに転倒。
(後ほど、現場検証した所、皆同じ石にヤラレていた模様w)

マーシャルさん曰く、
「今回は雨が多く増水続きで俺らも全然川渡りしなかったから川底もコケ残ってて滑るし、濁って見えないし
でロシアンルーレットみてーなもんだなぁ~」

な、なんですとwww

川渡りは先に渡ったライダーのラインをトレースすればすんなり行けたりするので
濁りでラインもわからぬまま貸切状態で渡ることになってしまったのも転倒の要因か。
(この際、腕の事は棚の上置かせて下さいw)

浅い所だったので「沈~」では無かったけど、シートの隙間から水を吸ったのは確実。
とりあえず目撃者はマーシャルさん1人。ギャラリーとカメラマンさんは居なかったのは救いw
他のマーシャルさんに押してもらい、土手の上までXRを移動。
既に先客有り。引っくり返したCRMのホイルを笑顔で空転させている二人組みハッケンw

で、XRのエアクリボックスには案の定、水がチョイ浸入。涙

この頃から「カッ」と太陽が差し、更に糞暑くなってきた。
エアクリスポンジを軽く絞って振り、日光浴させる。で、早くもタバコを吸って休憩w 
こうなったらもう落ち着いたモン勝ち。

そうしてると土手を押してくるバイクが。あ、また一台押して登ってきたw
先程のキック祭XR400R&まだ新しそうなハスクが沈した模様。

・・・僕も人間なので。仲間が増え、ぶっちゃけ大安心w 
後からやってきたマーシャルさんも追加で沈。 なんてこった・・・喜w

・・・こうして土手の上はさながら野戦病院に・・・

僕は友人のバイクの水没リカバリー経験があったので、他の患者さんに工具をお貸ししたり、
アハハオホホと笑いながらの涙の空キック。 炎天下、日陰も無いので焦って作業しても熱中症になるだけ。

一番最初にCRM、続いてハスクが復活。2ストはこーゆー時に強い。そのままSS3に向かった。凄っw

程なくしてのんびり作業していた僕のXRも復活。

ただ、多かれ少なかれ水を吸い込んだ以上、もう走るのは止めてようと作業前に決めていた。
大事なME08を壊したくない。もはや代わりも余り無いマイナー旧車でもあるのでw

一番楽しみにしていた山岳コースSS3のエースケ、ドクロマークw、ヒルクライムは走れず。

今年の僕のカムロはココで終了。

幸いグリーンバレー神室まで5分程度の場所だったのでゆっくりピットまで戻った。


ツールドカムロ 2012 まとめ へ続くw
[PR]
by redhouse66 | 2012-07-27 10:53 | イベント/レース | Comments(0)

ツールドカムロ 2012 DAY 1

今回で2回目の出走。 去年は震災の影響で開催されず。 

元仮面ライダー(CRF250X)大ちゃん(ジェベル250)僕(XR250R) でエントリー。

他に林道仲間2人にも勧誘しましたが「メンドクサイ、疲れそう」との返答で今年もフラレた。

頑張って来れば楽しいのに。残念w

今回はなにかとバタバタが有り写真が撮れなかったので頂いた公式写真を使いレポさせて頂きます。
(nobさん撮影お疲れ様でした&ありがとうございました^^)


DAI 1

生憎の雨模様の中スタート。僕自身は雨でも喜んで林道に走りに行く系なので無問題。

d0162663_22465592.jpg


d0162663_2247655.jpg


例によってコマ図ラリーに自信が無いので、前回コバンザメ走行させてもらったK井さん
に追いつくべく前へ前へ。が、途中どうでも良くなって数台団子になって安全運転w

最初のSSはタイム計測有りの長めの林道。
タイムを意識して飛ばす。途中ダレル 飛ばす の繰り返し。
前を走るWR250Fが2コーナー位前にチラっと時折見えるが一向に追いつかない。速いw
結局追いつけないままSS1終了。

と、事件発生。

目の前を走っていたバイクがいきなり横滑り転倒。
濡れたコケっぽい舗装路の狭い道、新品EDタイヤで止まれる訳も無く僕も盛大にスッテーン&ズサー

おNEWのゴアテックスのカッパが破れる。幸いME08はミラーが割れた程度。
人間の方は胸を強打。ブレストしてなかったらアウトだったな。アスファルトでこけると被害甚大。
何十年ブリかわからないアスファルトでの転倒にちょっと心が折れましたが
こーゆーイベントなので仕方が無いか~ と気を取り直してお昼休み。

食事を済ませ、一旦ピットに帰りミラーだけ急いで交換、無難に昼休みのトライアルタイムアタックをこなし
出発地点に着くと既に誰も居ないw 最初の長いダートに入るまで完全に一人旅。
お陰でコマ図ラリーのスリルや楽しさがわかった気がした。ああ心細かったw

皆さんスッ飛んで行っただろうタイヤ跡の有る林道に入ってからは~もうME08全開。
脳内にはdust to gloryのBGMが流れてますw
程なくして去年もご一緒させていただいたK井さんチームに無事合流w

そこからはコマ図もあんまり見ずにカムロ気分を味わいながら快調にラリーを進めますw

で、本日の最終SS 川渡り&川原コース。

着いた時点で水没車多数・・・ 連日の雨で結構深い。目の前でもザブンと・・・怖
キャーキャー言いながらオヤツのきゅうりを食べつつ見学。

宴会&キャンプで仲良くしていただいたN森(CRM-AR)さん。川渡りジャンキーになったらしく2往復w

d0162663_0302445.jpg


d0162663_23183950.jpg

 俺こんなところ押して渡るw なんておっしゃってたK井さんも結局カッコよく渡る。

d0162663_0305851.jpg

 フサベルかっこいいなぁ~

d0162663_23193641.jpg


僕もビビリながらも大きな石は無さそうなのでスタンディングで渡る。
勢い良く突っ込みすぎて途中エンジンが息継ぎし焦った。
d0162663_2323961.jpg

後ろに写ってるおじさんが「絶対ステップから足を離すな!」とみんなにアドバイスw

d0162663_23242661.jpg

d0162663_23244030.jpg

d0162663_23245216.jpg

ナゾのコーチのアドバイス守れましたw 写真じゃ伝わらないけどかなり深かった。汗

元仮面ライダーもトライ
d0162663_2332274.jpg

d0162663_23325228.jpg

d0162663_23325216.jpg

ギャー! ってゆうかマーシャルさん喜び杉ですよw

d0162663_0392588.jpg

大ちゃんは今年も良くがんばったね!

d0162663_23335065.jpg

おお。新型CRF250Lも惜しげもなくナラシに参上!?

d0162663_23353311.jpg

一番の注目の的! 80GSはフラットツインのサウンドを轟かせ渡りきった。
拍手喝采。本当にカッコイイ!

d0162663_054237.jpg

おや。ギャラリーに見覚えのある人がw 前回ご一緒したA場さんでした。来年は絶対来てくださいw



川渡り後はガレマディのクネクネコース。体力を奪われながらも無事通過。

最後に気持ちの良い林道をフサベルとガスガスの跳ね上げる石や泥を浴びながら快走w 

無事ゴールへ。

後半は午前中の事故も忘れて楽しめた気がする。

今年も夜の宴会のビールの旨いったらありゃしないですw

DAY2 に続く
[PR]
by redhouse66 | 2012-07-24 23:25 | イベント/レース | Comments(1)

ツールドカムロ 2010

7月24、25日に山形の金山町で行われた「ツールドカムロ 2010」に参加してきました。
出走台数50数台。 XR250(アテクシ)、CRF150(仮面ライダーさん)、ジェベル250の3台でエントリー。

ずっと出てみたかったんです^^

d0162663_21373270.jpg





一応ラリーレイドなのですが、競う気なんて誰もサラッサラ無いアットホームな雰囲気w

DAY1
コマ図(地図)を見ながら林道や泥セクションを次々と快走!
途中一緒になったKTMやWR250Fのライダーと共に林道ザンマイ。時にハイペース♪
金山杉の林道を爽快に駆け抜けます! 超オモレーー! キモチー! と、終始ニヤニヤしながら走ってました♪

(・・・実はコマ図がちゃんと見れず、道中で一緒だったKTMのKさんの後ろを死守して憑いていきました、すいませんw)

d0162663_0554624.jpg

キャメンライダーも50半ばデスw
d0162663_0571265.jpg


私ドハマリで渋滞発生・・・  粘土っぽい所に完全にスキッドプレートが食い込みました。汗
レスキューして頂いた方々、ホント有難うございました♪ 

d0162663_13580.jpg


夜は参加者全員でBBQで生ビール。サイコー。 支給された金山豚がとっても美味。
※スタッフの女の子はイイ感じの子ばっかり☆ もちろん野郎っ子もナイスガイ多しw


DAY2
川原ガレガレセクション、カムロスキー場裏山に作られたセクションがメイン。川原はゴロタ石が多くハード。
途中、一般コースと上級コース(ドクロマークの看板w)があり、
この際なので迷わず上級セクションへ特攻w
途中、壁のようなヒルクライムを登れず2回横ッ飛び転倒。 木の根がリアのリンクに食い込みました。汗

干上がった小川のガレ下り、アップダウンの有るシングルトラック(獣道)
楽しいコースでしたが前日の雨で地盤が緩みヌタヌタになっており、なかなかプチオッサンには体力的にハード。汗

一度止まったら再スタートが困難なトコではコケてもがいてる人の横を「ごめんなさ~い!」と泥ミサイルを後ろに発射しながら通過w ・・・すいません、ちょっと快感でしたw
(その後、バチが当たってルートミス。汗)

d0162663_111896.jpg


d0162663_114532.jpg


d0162663_124057.jpg


d0162663_20224722.jpg

川渡りの水没が一番心配だったけど、後半は慣れてヤケクソで特攻w

ライダーを楽しませつつ苦しめる執拗な川渡り、ドブの様な湿地など、
変化に富んだコースで飽きずに2日間とっても楽しめました。
実はもうちょっと簡単なコースかとナメてましたが、難し過ぎず簡単過ぎない丁度良い難易度で
私のようなヘタレでも走り甲斐がありました! 来年は絶対2週しようw

★町起こしも兼ねて若い有志たちが手作りで運営しているイベントなので
とても温かく、絶妙なユルさ加減を残した心のこもったイベントだと感じました☆
「交流」を重んじる為、今年から定員を絞ることになったようですが、この雰囲気なら納得です。
田舎もんなんで田舎慣れしてますが、金山町はとってもいい所でした。

d0162663_1233976.jpg


d0162663_124261.jpg

↑仲良くしていただいたお三方! ありがとうございました。 お陰様で楽しめました♪ 来年もよろしくです☆


★久々に楽しめた2日間のファンライド!
翌日からの社会復帰が大変でした。


来年も必ず遊びに行きます^^
出合った方々、スタッフの皆様、みなさんサンクスでした☆

http://www.kamuro.net/

d0162663_132716.jpg



※nobさん、しゅーさん、画像お借りいたしました!有難う御座います!
[PR]
by redhouse66 | 2010-08-03 00:59 | イベント/レース | Comments(6)