DIRT TO GLORY?

夢の大岩魚

開始当初より更新不精のテキトーblogでしたが、FBを始めた事により完全に放置でした。

このまま記事が消えてしまうのもナンダカ勿体無いので・・・

特に釣りブログという訳ではありませんが、個人的思い出フィッシュを載せてゆきます。

ここ数年は完全に釣り(ソルトウォーター含む)に没頭しており特にME08の話題はありません(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2014年、4月下旬

初サクラマスが獲れ、晴れ晴れした気持ちで雪代の渓流へ。

開始早々岩魚の反応が良い。

d0162663_1810081.jpg


ココのポイントの岩魚はベイトが豊富なのか太く、みな元気にドラグを出してくれる。

こんな尺上が2本釣れて・・・  もはや満足。



退渓点手前、倒木下のちょっとしたヨレが気になり、何の気なしにキャスト。

着水して程なく・・・「ギュッ」と硬いショートロッドが一気に絞られ、と同時に大きな魚が見えた!

バランスを崩した魚は雪代の急流に乗ってしまいあっという間にボクより下流の瀬の中に消えた。

「やばい!やばい!! コレは絶対やばい!!!」

もう焦りしかありません。 ロッドを立てて走り、急流の横を腰まで、

時には胸近くまで漬かりながら流される魚を追いかける!

川幅数メートルの小渓流、しかも雪代で流れも早く、今思えば相当危なかったな・・・

ヒットしたポイントから30メートル位下流に下った所にようやく流れの緩い所が。

幸い魚はまだラインの先に付いておりファイト開始! 浮いてくる魚は・・・ デカイ・・・

浮かせて寄せても小さ渓流ネットにうまく入りそうにありません。 

頭から~ とか考えてる余裕も無し。

何度もランディングに失敗して何度も走られ、ギュ~ とドラグを出しては潜られ・・・

何回目かにしてようやく無理やりネットイン。 ・・・ガクガク震えが止まりません。


d0162663_183695.jpg



d0162663_18381199.jpg


アレキサンドラ、横喰いです・・・

d0162663_1839130.jpg



d0162663_18391941.jpg


シングルフック、バーブレスが上顎と下顎に刺さった奇跡的なフッキング
だから急流の中でもバレすに済んだんでしょう


d0162663_22231873.jpg


岸際には雪代増水で倒れた枯れた葦だらけで撮影場所もまともに無い。
何より手足の震えも止まらず。  ようやくちょっとしたプールを作って撮影開始。


・・・もうすっかり興奮状態のボクはまともに写真も撮れません。


しかし良く獲れたなぁ~

d0162663_2159030.jpg


d0162663_22174870.jpg

今写真を見直すとホントにあまり良い写真が無いのが悔やまれます。

全長で52センチありました。 加えて体高も有る太い三ツ口雄岩魚。


思えば、大岩魚を釣りたいが為に始めた渓流ルアーフィッシング。

ひとつ夢の叶った最高の一日となりました。

d0162663_2218430.jpg



これを書いてる今現在、まだこれを超える岩魚には出会えてません。
40後半は出るのだけどやはり大台50岩魚・・・

「そんなの一杯居るよ~」という方も居られるかも知れませんが
あくまでボクの尺度での大岩魚の釣行記でした。
[PR]
# by redhouse66 | 2016-10-11 21:59 | 渓流 | Comments(0)

桜鱒 digest

FBでのチョイ投稿がメインとなりすっかりブログを放置しておりましたが
極私的釣行メモとしてこれからも不定期で記してゆき鱒。
(あ、元々はOFFバイクのブログなのだけどまぁいいかw)



サクラマスで全国的に有名な追波川が海へと注ぐ宮城県。

幸いにして自宅より1時間程度で行けるのとレクチャーして下さる先輩達とお仲間になれたので
万年初心者の僕でも鱒ルアー男の端くれという事で今年よりチャレンジする事に。

下準備として、大してやることの無い雪降る夜はスプーンフックを巻き巻きして過ごすw

d0162663_0101199.jpg



寒風吹きすさぶ1月下旬に解禁となり、2月はじめ辺りからeitakuさんに
諸々教えて頂きながら主に旧北上川に通った。

黙々とキャストを続けひたすら粘るこの釣れない釣り、僕の最初の限界は2時間と判明したw

d0162663_0105296.jpg


追波川は当然釣り人もかなり多い。知り合いを見つけての河原での談笑はとても楽しいのだけど
あんまり器用じゃない僕は口ばかりで手が動かない。もう竿なんか藪の中に置いちゃう始末w

d0162663_0224273.jpg

チョーさんタカさんもじり中  毎度邪魔してすいませんw


良い時間帯には等間隔で釣り人が並び、磯ダモを携え長靴やジーンズで立ってる方も居る。
防波堤の様な釣り場にちょっと馴染めず、結局釣り人が少なく景観も割と良い旧北がメインとなった。

ほぼ毎週末通うも魚ッ気なし・・・他の方の釣果も殆ど聞かず、あっというまに4月に。
あわよくばビギナーズラックで3月初旬に獲れたりして・・・なんていうミラコーは起きることは無かったw

前置きが長くなったけど、結局「お祭り」と呼ばれる大潮の後の遡上ラッシュの4月13日
結局ちょっと苦手としていた追波川で初サクラマスを釣りあげる事ができた。

d0162663_0115791.jpg


「僕の下流は何故か釣れちゃい鱒」という某釣り先輩にお誘い頂き、前日の午前2時には河原に降り
凍えながら場所をとった。 おそらくもう一生やらないであろうクレージーな場所取り体験。
次回があるとしたら薪と焚火台、羽毛の寝袋等、キャンプ道具持参で行こうw

薄っすら明るくなった頃から重いスプーンを遠投キャスト開始。 下流を見渡せば等間隔で人、人、人。
オマケに投げて最後の10メートル、超早巻きしないと引っかかる。スプーン10個近く殉職(T T)

川面に日が差すころには早くもちょっと飽きてきた・・・w

気分転換に14gの湖用のスプーンジグに付け替え、
表層をトゥイッチを入れながら適当に引いていたら流芯を横切った辺りでドンッと何かが喰いあげた。

ブルンブルンと首を振ってる鱒の感覚が硬いロッドからも伝わる。
大きな魚に慣れてない僕でもそう大きくないのはわかったので案外冷静に寄せてゆく。
下流で振っていた方が「ジャカゴの段差があるからもう竿を立てて~」とアドバイスをくれた。
そのうちゴンゴングルグル暴れる銀色の影が寄ってきた。
「僕がランディングしちゃいますよ~」とさっきの方が大きなネットを構えたと思ったら
ササっとソッコーで掬って頂いてしまった。 あっけなく桜鱒とのファイトは終わった。笑
ランディングの緊張感は欲しかったけど、不慣れな僕に無事に掬えた保証はないので結果オーライw

そのお方にはブツ持ちの記念写真まで撮って頂いちゃいまして本当に感謝感謝!
お名前を聞くの忘れちゃいましたが、かなりの桜鱒エキスパートな方とお見受けしました。
 (この場を借りてお礼させて頂きます。ありがとうございました!)


d0162663_0123952.jpg


d0162663_0242835.jpg



ちょっと小ぶりだったけど人生初の桜鱒。サイズじゃない。(と自分に言い聞かせるw)

海からの使者はもう眩しい位ギラッギラ。日陰の無い開けた場所でまともに写真も撮れなかった。
ちょっと暴れるとどんどんウロコがはがれ落ちてしまう。フレッシュランの刹那の輝き。

今回はキープさせて頂き、とても美味しくいただいた。特に刺身が絶品だったよ♪ ありがとう♪

今年は桜鱒の遡上が少ないのか例年より「お祭り」も短く不調の様子。
そんな中でビギナーの僕に一本獲れたのだから素直に幸運と受け止める事とします♪
そして奮発して揃えた桜タックルも無駄にならずホッとしたw


同行して頂いた釣友さん、フィールドで絡んで頂いた先輩方々もありがとうございました♪
サイズアップとミノーでも獲りたいのであと2、3回は行くかもしれませんw
サクラ以外にもこれからも多方面でよろしくお願いします~♪


以下はちょっと蛇足かもしれませんが

大盛況の週末の追波川。 
格好いいトラウトマンのいでたちでも無言で横入りしてくるマナーの悪い輩。 
食って捨てたばかりであろうコンビニ弁当の容器。
挙句、人が引っ掛けたスプーンを人の釣りの邪魔してまで拾おうとするアタマオカシイおじさん
(○かごの主というキチガイらしい)とも遭遇してしまった・・・。

平和な渓流しか知らない僕には、実は釣れた嬉しさと同じくらいの
ナンダカな~という残念さと違和感が残っちゃったのも事実。
嫌なら行かなきゃいいだけの話だけど、知り合いを見つければガヤガヤ楽しい釣り場となるから
一人黙々と旧北で粘ってるとオッパに逃げてきたくもなりますねw

まぁ来年は、3月中頃からのんびりと・・・ 
なるべく少ない釣行で獲れるべく気負わず桜を狙いたいです。
出来ればやっぱり旧北で静かに釣りたい。笑


tackle 

ROD / sylpher SYKS-89H Big Bend

REEL / TWIN POWER C3000HG

HIT LURE / ssylabel provia 14g

LINE / PE1.2&READER16lb
[PR]
# by redhouse66 | 2014-04-30 10:21 | 渓流 | Comments(0)